センター概要

理数教育研究センターは、中等教育における理数教育に関する調査及び研究を総合的に行い、中等教育と高等教育との間にある各種課題に取り組み、その成果を学内外に広く発信することを目的に、平成23年10月に設置されました。

センターの主な活動は以下のとおりです。
1. 理科、数学等の教科(以下「理数教科」という。)の教育方法の研究に関すること。
2. 理数教科の教科書、教材等の研究及び開発に関すること。
3. 理数教科の学力測定に関する調査及び研究に関すること。
4. 理数教科の教育方法に関する研修会、講習会その他の実施に関すること。

これらの活動のため、センターのもとに、「数学教育研究部門」、「事業推進部門」及び「理科教育研究部門」を設置しています。
「数学教育研究部門」は、中学校、高等学校の現職数学教員と本学教員の数学教育に関する情報交換の場となり、共同研究を通して教育方法の調査研究及び教材の開発や数学の学力調査などを行い、その成果を中学校、高等学校等に提供するとともに大学初年次教育に役立て、我が国の数学教育の発展に寄与することが目的です。

「事業推進部門」は、センターで研究開発した成果を広く世間に発信、普及させ、社会に還元することを主たる活動としています。

「理科教育研究部門」は、科学オリンピックを含む才能開発教育の推進、学校教育(初等教育から高等教育)を支援する理科才能教育の開発、将来の理数 教育の更なる発展に資すること、また、多くの理数教育関係者に広く情報発信し、我が国の科学的才能の育成及び開発の一助とすることを目的としています。

事業推進部門は、理数教育研究センターで研究、開発した成果を広く世間に発信、普及させ、社会に還元することを主たる活動としています。

事業推進部門では平成28年度に以下の事業を主に行うことを計画しています。

1.数学体験館の活動

(a) 運営組織の確立
(b) 展示作品の新規開発、制作、修繕
(c) インストラクタの養成
(d) 図録、解説パネル、映像の制作
(e) 運営費用の検討
(f) 各種知的財産権の獲得

2. 数学啓発活動の推進
日常生活や現代文明の中で、数学や理科がどのように活用されているかを児童、生徒、学生、一般市民の人々を対象に、平易に伝える活動をユネスコなどと共同で行います。主に、ポスターや映像(番組)の制作を行います。

3. 出版活動と成果の普及
事業推進部門において、研究、開発された成果を広く世に発信します。特に、本年度は数学模型や教具を重点的に開発・制作し、紹介します。そのために、図録の書籍化、小、中、高校のカリキュラムの単元に準拠した体験型授業(ハンズ・オン授業)のプログラムの開発及び制作を行います。

理科教育研究部門は、平成25年4月より正式に部門として設置され、今後は以下の事業を主に行うことを計画しています。

1. 科学オリンピックを含む「才能開発」推進
より広く才能ある子供をどのように見いだして育てるか、社会にその重要性をアピールするか、といった研究を含めて、企画を推進します。
平成28年度は公開シンポジウムを10月16日(日)に開催予定です。

2. 理科教員の養成・研修推進
部門メンバーを中核として、サイエンス・リーダーズ・キャンプ(JST助成事業:中学・高等学校教員対象に合宿形式で効果的な指導方法を修得)を平成28年8月21日(日)~8月24日(水)で実施します。

3. 学校教育を支援する理科才能開発
初等中等教育から高等教育までの才能を開発するための教育モジュールの開発をします。

4. Education for Sustainable Development
初等中等教育から高等教育までを視野に入れた、国際的視野で持続可能な開発教育を推進します。

5. 科学リテラシー推進事業
国民的科学リテラシーの向上のための施策と企画実施。サイエンスカフェ、神楽坂地域活動の企画を推進します。

6. ユニークな才能開発の支援
高校~大学レベルの内容を小学生に理解させる技術を大学院生に養わせるなど、実力ある教師の育成を考える研究会等を開催します。

6. 理科教育研究活動の記録出版
活動内容の記録を作成・配布します。

  • 発行物
  • 教育開発センター
  • 教職教育センター
  • 東京理科大学
  • 科学技術振興機構グローバルサイエンスキャンパス
  • 数学体験館

東京理科大学 理数教育研究センター
(事務局:大学企画部学事課理数教育推進室)

〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3
TEL:03-5228-7329 FAX:03-5228-7330