GPAを用いた入学後の学力追跡調査の実施

GPAを用いた入学後の学力追跡調査の実施

入学試験結果と入学後の学力追跡調査の結果から、入学方式別(A 方式、B方式、依頼校推薦等)に卒業時(4年生まで)のGPAの違いを検討し、また初年時の成績と卒業時のGPAとの関連の分析を行いました。

その結果、全ての学科で入学試験の成績と卒業時のGPAには顕著な関連がないのに対し、1年終了時のGPAと卒業時の GPA には高い正の相関がありました。入学試験においてボーダーライン上で合格した学生でも、1年次をうまく滑りだせれば、最終的に優秀な成績で卒業できることがデータによって示され、初年度の導入教育の重要性が改めて示されました。